Q&A 全体の旅行計画について-オーストリアロングステイ&個人旅行専門ホームページ

オーストリア
ロングステイ&個人旅行専門ホームページ

| HOME | よくある質問集 | Q&A 全体の旅行計画について |

a. 全体の旅行計画について

旅行のベストシーズンはいつごろですか?

旅行で何を求めているかによって変わってきますが、やはり夏-秋のシーズン(6月中旬から9月中旬)と冬のシーズン(12月から3月下旬)がお勧めです。
しかし、旅行のオフシーズンである5月中旬から6月上旬などでも渓谷のいたるところに美しいお花畑ができ、素晴らしい「春の景色」が見られますし、オフシーズンはオフシーズンなりの美しさと楽しさがあります。ただしホテルや貸し別荘、チェアリフトなどは一部クローズのところもありますので、前もってご確認いただくことをお勧め致します。

お花がもっとも美しいのはいつですか?

場所と標高によって変わってきますが、標高300m-700m前後の渓谷では4月下旬から6月頃、標高1000mー2000m前後で6月中旬から7月中旬、2000m-3000m前後で7月上旬から8月上旬という感じでしょうか。ただしこれはあくまでおおよそであり、冬の雪積量などでシーズンが少々早くなったり遅くなったりすることはあります。

英語は通じますか?

世界的に有名な観光立国であり、通常観光客が立ち寄るところでは問題なく英語が通じます。また、全オーストリア国民は義務教育でそれなりの英語教育を受けていますので、一部の(長い間使っていなかったので忘れてしまった)年配の方々を除けば日常会話レベルでは全く問題ないと思います。
ちなみに「和製英語」は根本的に外国では通用しないと思ってください。

オーストリアの衛生状況はどのようなものなのでしょうか?

ヨーロッパでもトップレベルの衛生状況を誇り、個人的には正直日本よりもはるかに良いのではないかと思っています。

御社ではオーストリア以外での手配(ドイツ・イタリア、スイス等)も行っていますか?

南ドイツ(バイエルン州のみ)、北イタリア(ドロミテなど)、東スイス(マイエンフェルト、ダヴォスなど)でのいわゆるオーストリアとの国境に近い地域でのみ手配は行っております。しかしあくまでメインはオーストリアです。

オーストリアでの個人旅行は安全ですか?

他のヨーロッパの国々などと比較してとても安全だと言えます。当オフィスでもここ10年間で特に西オーストリアで旅行した日本人個人旅行者が深刻な(犯罪関連の)トラブルに巻き込まれた、という例を聞いたことがありません。

ホテルと貸し別荘、どちらを利用するか迷っていますが、どちらがお勧めでしょうか?

「自炊をしたい」、「現地に住むような感覚で休暇を楽しみたい」、「予算を抑えたい」、「ヨーロッパにある「自分の別荘」に住んでみたい」と思われるのでしたら貸し別荘がお勧めです。
「自炊したくない」、「毎日ベッドメーキングをして欲しい」、「短期的な滞在だからとにかく楽をしたい」、「毎日朝食のビュッフェを楽しみたい」とお考えでしたらホテルがお勧めです。

日本ーオーストリア間とインスブルックーロンドン間の往復航空券の手配をお願いしたいのですが?

当オフィスでは航空券の手配は承っておりません。直接各航空会社までご連絡頂けるよう宜しくお願い致します。ご参考までに「g. 乗り物全般について」 もご覧ください。

私はデュッセルドルフに在住している日本人ですが、旅行の申し込みは可能でしょうか?

当オフィスは「日本在住の方々」ではなく「日本人の方々」を対象にしておりますので、全く問題ありません。メールにてお申し込み内容のご連絡を頂ければ速やかに対応致します。

日本からチロルに入るにはどのフライトルートが最もお勧めですか?

根本的に日本からオーストリアに入るにはオーストリア航空の直行便を利用するのが最もお勧めです。ザルツブルクやインスブルックへもウィーン経由で日本出発同日の夜19時前には入れます。またウィーン国際空港での乗り換えもとても簡単で短時間で済みますので、個人旅行のお客様でも大変便利です。

万が一オーストリア航空が不可の場合はルフトハンザ・ドイツ航空で日本からフランクフルトに入り、そこからザルツブルクもしくはインスブルックまでの直行便に乗り換えることもできます。

成田からでしたら同じくルフトハンザ・ドイツ航空でミュンヘンに入り、空港からレンタカー、もしくはシャトルバスでザルツブルクやインスブルックに移動することもできますが、レンタカーの手続きやシャトルバスの出発時間までの待ち時間なども考えると現地到着は夜遅くになる可能性が大です。

スイスに比べて日本人観光客は少ないですか?

ウィーンは別ですが、ザルツブルクやチロルでは日本人観光客の数はスイスより圧倒的に少ないと言えるでしょう。特にチロル州では日本の旅行会社の格安団体旅行などの受け入れを拒否していたことから、日本人のグループに出くわすこと自体滅多にありません。

また、最近になって徐々にではありますが、既にスイスに行ったことがあり、主なスイスの観光地を見て周り、次のステップとして「観光客でごった返していないもっと静かなアルプスで休暇を楽しみたい」という、いわゆる「元スイスの日本人旅行客」が増えてきています。このような方々はロングスティをご希望なさるケースが多いので、西オーストリアでは日本人観光客数は少なめ、平均滞在期間は長め、と言えると思います。

チロルでのロングスティを計画したいのですが、どのようにすれば良いでしょうか?

まずはおおよその日程を決めて頂き、当ホームページの「オーストリアの基本情報」、「事前準備」、「貸し別荘の紹介」、「これで安心!海外旅行保険」などをご参考になさってください。情報入手して頂いてから当オフィスにてお客様がご希望なさる貸し別荘を手配致します。
その後は「エクスカーション先リスト」、「あなただけの!サービス」や「日本人旅行者向け現地サービス」もご参考ください。

観光客が少ないと思うのでオフシーズンに旅をしたいのですが、お勧めでしょうか?

春のオフシーズン(4月中旬から6月上旬)や秋のオフシーズン(9月下旬から11月中旬)はたしかに多くのホテルやお土産屋さん、観光客向けのアトラクションなどがクローズになりますが、私達を含む現地の人々は普通に暮らしをしておりますので、「毎日の生活」で困ることはありません。スーパーマーケットなど地元の人々が利用するお店は皆オープンしています。

「ヨーロッパでの観光旅行」ではなく「ヨーロッパに住んでみたい」という感覚でロングスティをなさるのでしたら問題ないと思われます。観光客も少なく、滞在コストもリースナブルになりますし、ハイシーズンとは別の現地を見る・体験することができるのではないかと思います。

オフシーズンでの貸し別荘生活は不便ですか?お店はやっていますか?

特にリゾート地では観光客向けのアトラクションなどはクローズですが、私達も含む地元の人々は普通に生活をしていますし、(お土産屋を除く)お店は全て開いています。「観光周遊をしたい」ではなく「現地に住んでみたい」という感覚でいらっしゃるのであれば問題なくロングスティをエンジョイできると思います。

ザルツブルクとインスブルックで日本人の観光ガイドを手配して欲しいのですか?

当オフィスで問題なく手配できます。詳細は当ホームページの「日本人旅行者向け現地サービス」をご覧ください。

日本人の観光ガイドは皆ライセンスを持っているのですか?

オーストリアでは国家検定観光ガイドのライセンスを取得しないと観光のガイディングを行ってはならないことになっており、商工会議所が無免許のガイドを厳しく取り締まっています。

当オフィスが契約を結んでいる観光ガイドは皆このライセンスを持ち、正式に活動をしておりますのでご安心ください。しかし場合によっては無免許のガイドが「私は観光ガイドです!」と言っていわゆる「不法」でガイディングをしていることもあります(当オフィスではこのような「不法ガイド」は雇いません)。このような「不法ガイド」の場合、場合によっては雇った側も罰金の対象になりますので、ご注意ください。
詳細は当ホームページの「日本人旅行者向け現地サービス」、及びチロル州観光局日本担当オフィスの日本語HPwww.tirol-info.jp の「日本語ガイド・アシスタント」をご覧になってください。

※日本語アシスタントや通訳にはこの免許は必要ありません。