Q&A 食事&飲み物、レストランについて-オーストリアロングステイ&個人旅行専門ホームページ

オーストリア
ロングステイ&個人旅行専門ホームページ

| HOME | よくある質問集 | Q&A 食事&飲み物、レストランについて |

l. 食事&飲み物、レストランについて

オーストリア料理の代表的なものとはどのようなものでしょうか?

当ホームページの「オーストリア グルメの旅」、そしてチロル州観光局日本担当オフィスの日本語ホームページwww.tirol-info.jp の「食事」のところをご覧ください。様々な情報が一部写真付きで紹介されています。

オーストリア料理は美味しいですか?

日本食と比べると重めなので毎日家で自らオーストリア料理のフルコースを作ろうとは思いませんが、オーストリア料理は大変美味しいと思います。また、フランス料理などとは異なりソースや香辛料で味を決めてしまう料理ではなく、素材を生かす料理方法は日本人にも合うと思います。

アルプスの豊富な素材をベースにハプスブルク帝国時代にヨーロッパ各国から入ってきた調理方法や食材に影響を受け発展したオーストリア料理。初夏には白いアスパラガス「Spargel」(シュパーゲル)、秋から冬にかけては猟獣肉「Wild」(ヴィルト)(鹿、猪、兎、キジ、11月11日の聖マルティンの日に食べるガチョウなど)、そしてキノコ類「Pilze」など、旬の食材を使った食事を楽しむことができます。

また、レストランなどで、日本ではあまり見られない美味しい魚なども食べることができます。
最も有名なのはマスですが、Zander(ホタルジャコ、スズキの仲間)なども淡白であっさりとした味で比較的良く食されます。その他、季節によってはナマズも食べることができます。日本ではあまり見かけませんが、アナゴに少し似た味でとても美味です。是非お試しください。
日本でまだあまり知られていないのが本当に残念です。

水道のお水は飲めますか?

「チロルの水は世界一。カルシウムやマグネシウムが豊富で、まるでミネラルウォーターのお風呂に入っているような、ぜいたくな気分を味わえます。蛇口をひねれば「天然のミネラルウォーター」で料理やシャワーを楽しめるんですよ。」とどこかの雑誌のインタビューで話したことがあります。
水道のお水はアルプスの源泉から出る天然水で、イタリア、ロシア、タイ、アメリカなどにも輸出されており、そのクオリティーの良さが世界的に評価されています。
また、2003年8月に行われたウィーン大学の調査ではインスブルックの水道水がオーストリアで最も美味しい健康水と評価されています。

レストランで飲み物を注文せずに、お冷だけ頂きたいのですが、可能ですか?

オーストリアのレストランでは飲み物を注文することがマナーとなっています。炭酸なしのお水を召し上がりたい方は、炭酸なしのミネラルウォーター「Mineralwasser ohne Gas」(「ミネラールヴァッサー・オーネ・ガス」をご注文下さい。

日本のビール(アサヒ、キリンなど)は販売されていますか?

根本的に普通のスーパーマーケットなどでは購入できません。アジアショップでも売られているかどうかな?という感じです。日本食レストランに行けば日本のビールを飲むことはできますが、店で購入するのは難しいと思われます。その代りオーストリアやドイツの地ビールは種類もとても多く美味しいので、ぜひ現地のビールを堪能してください。

レストランで炭酸無しのミネラルウォーターを頼みたいのですが、可能ですか?

問題ありません。通常は「Mineralwasser ohne Gas bitte!」(「ミネラールヴァッサー・オーネ・ガス・ビッテ」炭酸無しのミネラルウォーターをください)と注文すれば、炭酸なしのミネラルウォーターが出てきます。

インスブルック、サンクトアントン、ゼーフェルトに日本食レストランはありますか?

インスブルックには数軒ありますが、チロル州のその他の地域にはありません。ちなみにインスブルックの日本食レストランは韓国人や中国人によって経営されているところもありますが、「甲斐」というレストランが唯一日本人によって経営されています。またここ最近人気が出ているのは中心部のマリア・テレジア通りにある「SENSEI」(「センサイ」)というレストランです。日本で修業を積んだオーストリア人が経営している、という噂です。

インスブルックやザルツブルク、そしてチロル州やザルツブルク州のその他の地域にて日本の食材を購入することはできますか?

地域にもよりますが、ここ最近オーストリアのスーパーマーケットではお醤油や海苔、ごま油、照り焼きソース、生姜、たけのこの水煮、乾燥しいたけなどを買うことができるようになってきました。またザルツブルクやインスブルックにはアジアショップもあり、様々な冷凍食品や味噌、日本のものに近い豆腐、日本のお菓子などを買うことができます。

高級レストランなどではなく、軽食を手早く済ませたいのですが、良い方法はありますか?

「マクドナルド」や「バーガーキング」に代表される世界的規模を誇る「ファーストフード」、「ランニング・スシ」として人気がある回転寿司屋(お寿司や簡単な中華料理が回っています)、魚介類を素材とした料理やサラダ、サンドイッチ、フライなどが主なメニューとなっているレストランチェーン「ノルトゼー」、駅構内や各町村の中心地にある「ソーセージ屋さん」、スーパーマーケットやお肉屋内で運営されている「低料金レストラン」などがあります。
また、オーストリアではトルコ料理の「ケバップ」や、切り売りのピザもファーストフードとして、食されています。
その他、通常山頂の展望台には自ら料理を目で見て選べるセルフサービスのレストランもよくあります。

ロングスティの手配をお願いしていますが、オーストリアのスーパーマーケットで販売されている冷凍食品は日本同様中国産のものが多いのでしょうか?ここ最近のニュースの影響もあり心配です。

野菜や肉食品で多くの冷凍食品がありますが、中国産のものはあまり見たことがありません。やはり日本とオーストリアの市場の違いもあると思います。

オーストリア国鉄で移動するのですが、食堂車の予約を御社でお願いできますか?

残念ながら弊社では食堂車の予約を承ることができません。オーストリア国鉄の駅にて直接予約なさることをお勧め致します。「Speisewagen reservieren, bitte」(「シュパイゼヴァーゲン・レザヴィーレン・ビッテ」、「食堂車の予約をお願いします」)と言い、そしてどこの駅からどこまでの移動で、という情報を伝えればとても簡単に予約ができます。

スーパーマーケットはいつごろまで開いていますか?

平日は、通常18時前後までですが、ザルツブルクやインスブルックのような都会では19時もしくは21時ごろまで開いているスーパーマーケットもあります。土曜日は17時頃まで、日曜日は通常お休みです。

御社にて炊飯器を借りようと思いますが、最も日本のお米に近いお米はどれでしょうか?

スーパーマーケットで売られているSushi・Reisと書いてあるお米や日の出というお米が日本のお米に最も近いです。好みもありますが、「SPAR」や「INTERSPAR」のスーパーマーケットで売られている「SPAR Reis」というお米も味は多少落ちますが十分普通に食べられます。ちなみにこのお米は価格も安いので便利です。

チロル州でのお勧めのパン屋さんを教えてください。

根本的にどこのパン屋さんでも美味しいパンを食べられます。特に有名なパン屋は(家族経営のチェーン店)「Baecker Ruetz」ですね。

4つ星ホテルのレストランでも子連れは大丈夫ですか?

レストラン内で叫ばない、走り回らない、大きな音を立てて食べない、という常識的なマナーを守れるのであればまず問題ありません。オーストリアでは多くの家族連れが4つ星ホテルのレストランで食事を楽しんでいます。